パルクール(Parkour:フランス)は移動動作を用いた自由な運動方法。都市部から山間部までフィールドに制限は無く、あらゆる地形に対応し移動できる体と困難な状況に屈しない心の鍛錬を行う。競い合ったりスリルを求めるものではなく心身の鍛錬に焦点を置いている。
 
パルクールはあくまで自主的な運動方法のため、公式な競技・大会は存在しない。特定のコミュニティ内イベントとしてはしばしば存在する。
 
我々が行うパルクールは海外におけるエクストリームなものではなく、非常にピュアな、起源であるArt du Deplacementに近い物である。
 
 

2000年以降、映画「YAMAKASI」を筆頭にパルクールの認知度は爆発的に上昇した。2003年イギリスにてドキュメンタリー"JUMP LONDON"が放送されたがそれを真似た若者が建物から飛び降りたり街中でアクションをする映像がネット上で急増したため、新たなエクストリームスポーツとして取り上げられ本来とは違う形で広まってしまった。

 

現在は発祥の地フランスを中心にヨーロッパ全域で本来の活動が広まり、世界各国でその存在が知られるようになった。フランスでは消防団の訓練に、イギリスでは青少年の非行防止に、デンマークでは政府支援の元多くのパルクールパークが建設されている。

しかしながら刺激を求めて無謀な動作を行い重大事故や建築物の破損などの事例が後を絶たず、イメージの悪化や練習環境の縮小に繋がっている。日本においては各地域のコミュニティーが本来の姿を知ってもらうため積極的に情報発信や教室などの開催を行っている。

 

 

Histry of Parkour (外部サイト/ 大阪:NaGaRe)

About Parkour